理想の二重は整形で手に入れる【メスを使用しない】

埋没法か切開法の内容

看護師

自分に合う手術を選ぶ

二重の手術は昔と比べるとチャレンジしやすい価格になってきています。また、美容整形外科の数も増加傾向にあります。美容整形外科で行っている手術は、クリニック独自のものも多いです。しかし、基本的に埋没法か切開法に大別できます。埋没法とはまぶたに二重の溝を作り、糸で縫い止める手術法です。基本的に抜糸せずに、縫い止めた状態で生活することになります。糸はどうしても経年劣化するので、取れてしまう可能性は否めません。でも、切開法より気軽に行えるのと、低料金で実施できるのがメリットです。そして、切開法には部分切開法と全切開法があります。部分切開法でメスを入れるのは1、2センチ程度、まぶたの厚い部分などを処理し二重にして縫い合わせます。二重の状態がキープできるように大事なのが、内部処理と言われる癒着操作です。内部処理方法はクリニックごとに考え方が違うので、自分が納得できる方法で施術してくれるところを探すのも一案です。また、抜糸は約1週間後に行われることが多いですが、吸収糸を使用するクリニックでは抜糸の必要はありません。一方、全切開法は希望した二重のラインに沿って切り込みを入れる方法です。切開したところの余分な脂肪などを取り除いて縫い止めます。部分切開法よりもよりくっきりとした形が作れます。二重手術を受ける前に、自分が理想とする二重のタイプをしっかりと決めておきます。日本人が一番に似合うとされる末広型を選ぶ人は多いですが、奥二重気味にしたほうが似合う人もいます。元に戻せない整形手術は不安だと感じる人や、費用を抑えたい人は、埋没法が適当です。でもクリニックごとに価格が設定できるので、一概に費用を抑えられるとは言い切れません。価格ばかりでクリニックを選ばずに、豊富な症例数があるか、リスクを提示してくれるか、といったところもチェックしてください。メスを入れない手術ではあるものの、そのリスクは同等だと言う医師もいます。それでも埋没法は術後の腫れが少なく、ダウンタイムは数日程度が目安です。手術を周囲に隠したい、長期の休みが取れない人などにも向いています。利点の多い埋没法ではあるものの、まぶたが厚い人には切開法が適切です。そしてまぶたの厚みだけでなく腫れぼったさが気になる人は、同時に脂肪切除が可能な全切開法が向きます。さらに幅広の二重を作るときも、全切開法が有効です。切開法は完全に二重が定着するので、変永久的な効果を望むときの第一選択と言えます。なお、ダウンタイムは部分切開法で1週間前後、全切開法で2週間前後が目安となっています。

Copyright© 2018 理想の二重は整形で手に入れる【メスを使用しない】 All Rights Reserved.