埋没法をする前に|理想の二重は整形で手に入れる【パッチリ二重をらくらくゲット】

理想の二重は整形で手に入れる【パッチリ二重をらくらくゲット】

埋没法をする前に

目元

知っておくべき基礎知識

二重まぶたを作る手術はごく簡単なものです。ただ、切らない埋没法でも、手術をすると腫れが出ます。腫れ具合は、手術をした医師のスキルや手術後の過ごし方などによって違います。とにかく腫れを避けたいならば、腫れないように手術をしてくれるクリニックを探すことです。腫れない麻酔や腫れにくい埋没法を採用しているクリニックなら、多少はまぶたの腫れを抑えることができます。会社や学校を休みたくないなら、金曜日の会社帰りや学校帰りに埋没法をして、土日はゆっくりと休み、月曜日は普通に出勤・通学するというのも、腫れない手術をすれば可能です。ただし、2日や3日ですっかりとナチュラルな二重まぶたになることはなく、しばらくは幅が広い不安定な状態になります。濃いアイメイクをしてごまかすことは可能ですが、クレンジングには要注意です。アイシャドウやマスカラをクレンジングでゴシゴシ擦って落とそうとすると、せっかく治った腫れが復活することがあります。また、埋没法で埋め込んだ糸がゆるんでしまい、一重まぶたに戻ることもあるので注意が必要です。誰にも気付かれずにこっそりと二重まぶたにしたいなら、腫れにくい埋没法をすること、まぶたに負担をかけないことが大切です。腫れにくい埋没法をしている美容外科を見つけたら、カウンセリングの予約をします。カウンセリングをしたその日のうちに二重の手術をすることを考えて、手術費用や手術の準備をしておくことが大切です。一般的に埋没法の手術費用は5万円〜8万円です。ただ、腫れにくい方法で手術をすると、2割増しくらい高くなることがあります。いずれにしても、事前にサイトで手術の料金表をチェックしておくことが重要です。二重の手術にあたって必要になるものは、帽子やサングラス、マスクなど顔を隠すアイテムです。特に色付きのサングラスは一番必要なアイテムです。クリニックによっては、そういうアイテムを貸し出している所もあります。また、コンタクトレンズをしている人は埋没法をしたあとしばらくコンタクトができないので、メガネを持参する必要があります。さらに電車ではなくタクシーで帰宅する場合はタクシー代も必要です。カウンセリングはカウンセラーが行う場合と医師が行う場合があります。大きなクリニックの場合、最初にカウンセラーによる手術の説明などがあり、そのあとに医師による診察があります。手術をしたあとに後悔しないように、わからないことはカウンセリングのときに遠慮しないで聞くことが大切です。

Copyright© 2018 理想の二重は整形で手に入れる【パッチリ二重をらくらくゲット】 All Rights Reserved.