理想の二重は整形で手に入れる【パッチリ二重をらくらくゲット】

顔に触れる女性

目に関する悩みの克服方法

目に関する悩みは、整形手術によって解消させましょう。特に二重に憧れる人は多く、二重にするための手術は様々な方法があります。なりたい形によって適切な方法が違うため、検査とカウンセリングをしっかり行い、納得のいくクリニックで治療を受けましょう。

詳しく見る

目元

埋没法をする前に

他人にばれずにこっそりと自然に二重まぶたになれるのが埋没法です。美容外科によっては腫れにくい方法で、埋没法の手術をしてくれます。腫れにくい埋没法をすれば、いつもと同じように生活を送りながら手術ができます。

詳しく見る

看護師

埋没法か切開法の内容

二重手術の埋没法は費用やダウンタイムの期間を抑えたい人に向く手術で、切開法は半永久的な効果を望む人に向く手術です。そして切開法の内、部分切開はまぶたが厚い人に適し、全切開は厚みに加えて腫れぼったいまぶたの人に適します。

詳しく見る

診察

なりたい自分へ

顔に何らかのコンプレックスを持っている方は顔の印象を左右する目元をかえて新しい自分になってみるのはどうでしょう。色々な種類の二重瞼にする施術があります。カウンセリングやアフターフォロー、価格を比較し、なりたい自分になりましょう。

詳しく見る

理想の目を作り出すために

女医

注意点やメリットなど

一重や腫れぼったい目など、目に関してのコンプレックスを持っている人は、整形手術を受けてみましょう。プチ整形という言葉が流行してきたこともあり、昔に比べ整形手術を受ける人は格段に増えてきました。最近では、日帰りですぐ終えることが出来る手術方法もたくさん確立されており、手軽で簡単に手術を受けることが出来ます。手術を受ける際には、まずは、二重にしたいラインをしっかり決めましょう。このシミュレーションは、とても大切なことです。一度手術を行ってしまえば、方法によっては元に戻すことは非常に困難だからです。また、二重のラインの幅が広すぎた、というような場合にも、幅を狭くすることは難しくなります。そのためにも、入念なシミュレーションは、必ず必要です。自宅でテープやのりなどを使って、自分で二重を作って見ると良いでしょう。そして、そのときの写真をとっておくのもおすすめです。シミュレーションがしっかり出来たら写真を持って、整形外科クリニックへ行きましょう。医師とのカウンセリングにて、理想の二重の形を伝え、適切な手術方法を決めましょう。手術方法は、理想の幅や仕上がりによって異なります。費用の予算なども伝え、総合的に判断しましょう。きちんと手術を受けるためには、まぶたや目のまわりの皮膚の状態を調べることも重要です。まぶたが極端に薄い場合、受けられる手術が制限されることもあるからです。手術方法については、一般的によく使われるのが埋没法と呼ばれる方法です。埋没法は、糸を使ってまぶたの皮膚を皮膚に埋没させて、二重のラインを作る方法です。メスを使用しないので、痛みも少なく、費用も一番安い方法です。また、万が一気に入らなかった場合には、やり直すことも可能というメリットがあります。埋没法では糸を使うので、糸を抜くだけで修正が可能なのです。また、手術直後はシミュレーションよりも二重幅が広く、また腫れて見えます。シミュレーションとは違うと感じることもありますが、一ヶ月ほど経つと少しずつ腫れが引いて、きちんとシュミレーション通りになりますので、焦らず経過を見てみましょう。他にも、メスを使った切開法や、目頭切開法などもあります。目そのものを大きくしたい人や、欧米人のようなはっきりした二重にしたい人におすすめの方法です。このように手術には様々な方法があり、費用も効果もそれぞれ少しずつ異なります。悔いのないよう医師とのカウンセリングはしっかり行い、適切な方法を決めましょう。

Copyright© 2018 理想の二重は整形で手に入れる【パッチリ二重をらくらくゲット】 All Rights Reserved.